NOUENでは朝来市の特産品である岩津ねぎをはじめ、カルテック農法で栽培したこしひかりや丹波黒大豆などさまざまな作物を生産しています。 その一部をご紹介いたします。

岩津ねぎ

兵庫県北部、「天空の城」竹田城址で有名な朝来市にはかつて戦国武将が利権を争った生野銀山があります。
江戸時代、その銀山の役人が鉱夫の栄養補給のため京都の九条ねぎを持ち帰り品種改良したのが岩津ねぎのはじまりと言われています。
その最大の特徴は葉の先から白い部分まで全て食べることができ、そして甘く・軟らかいことです。
また市場への流通が少ないことから「幻の葱」と呼ばれ、入手が難しいことも特徴です。

■収穫/出荷時期:11月下旬~3月上旬

こしひかり(兵庫県産)

水鳥を守るため、湿地の保存に関する国際条約を定めたラムサール条約。
朝来市はこの条約に登録された円山川(朝来川)が南北に流れる水の豊かな地です。
NOUENのこしひかりはこの朝来の水と、乳酸菌を用いた人と土にやさしいカルテック農法で育てられています。
カルテック栽培米はミネラルを豊富に含むため冷めても甘みがあっておいしいと、ご購入いただいた方のリピーターが増えています。

■収穫時期:9月上旬

■出荷時期:10月上旬

丹波黒大豆

お正月のおせち料理に欠かせない高級食材として知名度の高い丹波黒(たんばぐろ)は一般の大豆と比べ倍以上大きいことと濃厚な甘み・コクが特徴です。黒く輝く容姿から「畑のブラックダイヤ」とも呼ばれ、最近では洋菓子にも使われています。 NOUENでは枝豆のみお取扱いしていますが、枝豆として良い状態で収穫できるのは1年のうち10月中旬の2週間程度と短く、期間限定の秋の味覚としてご好評いただいています。

■収穫時期(枝豆):10月中旬 丹波黒の収穫時期は12月中旬

■出荷時期:10月中旬~下旬(期間限定)

岩津ねぎコロッケ

NOUENでは「農業の6次化プロジェクト」の一環として地元企業と連携し、和牛最高峰と言われる但馬牛、玉ねぎの王様と呼ばれる淡路島産玉ねぎと兵庫を代表する食材をふんだんに使った「但馬牛入り岩津ねぎコロッケ」を企画・販売しています。 兵庫の豊かな自然と名水が育んだコロッケは食感サクサクで食べごたえ満点です。   ・岩津ねぎコロッケは年間を通してご注文いただけます。
岩津ねぎコロッケ ロゴ